趣味力を鍛える
*
ホーム > 動脈硬化 > 動脈硬化の動脈が硬くなることをスポーツで考えると

動脈硬化の動脈が硬くなることをスポーツで考えると

動脈硬化って動脈が硬くなる病気ですが、動脈が硬くなったら何がいけないんだろうと思いませんか。血管が詰まるとか、破れるとかだと大変そうだなと思いますけどね。動脈が硬くなると、血液を上手に送れなくなるそうですよ。と聞いてもピンときませんよね。

 

動脈硬化のメカニズムを考える

 

例えば、バレーボールのトスを思い浮かべてみると、上手な人は膝を曲げたり手首を使ったりして、ふんわりやわらかいボールを上げることができます。でも体の硬い人は棒立ち状態でボールに向き合うので、ボールも全然上がらないし距離も短いですよね。だから血液も動脈がしなやかなら押し出されるように流れるし、硬いなら勢いもなく流れるのかなという風に理解しました。勢いがないとやがてどこかで遅くなって止まるかもしれませんし、大変なことです。